たまさ。が「小説家になろう」で書いているオリジナル小説のweb拍手お礼のページ。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年04月30日 (木) | 編集 |
さて、恥ずかしい話、前回の件でちょっとトラウマになったのか改めて文章を書こうという気力が失せていまして、なかなか文字を打つという作業が進みませんでした。

私の気落ちを察してか、週末のたびに夫が外に連れ出してくれました。
会津、那須や伊豆、日光、先週の日曜日には見えているけどちっとも行ったことの無かったスカイツリーにいってきましたよ。夫の仕事関係のパーティにも参加させていただきました。
 何より、パソコンのネットワークを構築して我が家のホストにフォルダを新設、私の遊び用のパソコンもホストに繋げてそちらに保存できるようにしてくれました。
 そちらに保存すると、自動でコピーまで作成して二重に大事なデータを守ってくれるという――なんてことでしょう、そんなことができるならさっさとやっておいて欲しかっ……いえいえ、夫よいつもありがとう。私には過ぎた人すぎて感謝しかありません。

それはともかく。
昨日、久しぶりにワードを開きました。

真っ白いページを見つめ、失われた文章を思うと切なくなってしまいましたけれど、ゆっくりと書き出しました。
一度書いた文章を思い出して打ち出すというのは、実は結構難しくて――書き込めたのはほんの三千五百文字。
 それでも、久しぶりにリドリーを書いて、ああやっぱり早く二人を会わせてあげないとなぁっという気持ちになったので、落ち込んでいる場合ではないと改めて思いました。

私の書く物語は、私の自己満足の結晶ではあるけれど、読んでくれて「待ってます」や「好きです」と言ってくれる人が要る限り、きっと私だけのものじゃないんだと――勝手に――思います。

その人達を待たせて待たせて、それでもあえて「待ってます」と言ってくれる人に、私ができることといえば時間はかかってもきちんと完結させること。

待たせていて本当に御免なさい。

今現在、うちの魔法使いはどん底ですが、早く復活させてやれるように頑張ります。

あああ、王道もね……というか、王道、王道かーっっっ。
もういっそかろうじて残っている一回分更新すべきかもしれないですね。更新停止から一年たっちゃうよっ。




前回の記事に、優しい言葉をかけて励ましてくださいましたかたがたに感謝を。
涙が出るほどうれしかったです。
一年分の書き溜めが消えた時、私の心は真っ白になりました。
阿呆みたいに泣きました。
今、目の前に折れたUSBがあります。
折れたというか、曲がったというか。外皮がなくなって、むき出しで。

捨てるに捨てられないんです。
これからもきっと捨てられなくて、なんか色々と後悔なんかもすると思います。
でも、励ましていただいた心を糧に、以前よりももっといいものを書くぞと誓わせてください。











スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。